ilc.gr.jp > 助成・補助金

助成・補助金-ilc.gr.jp

人材確保等支援助成金(中小企業団体助成コース)

令和4年度の人材確保等支援助成金(中小企業団体助成コース)の、申請受付が開始されました。 事業主団体が、その構成員である中小企業者(以下「構成中小企業者」という)に対して労働環境の向上を図るための事業を行う場合に助成するものであり、雇用管理の改善を推進し、雇用創出を図ることを目的としています。厚生労働省の管轄で行われています。 令和4年度の申請締め切り 事業実施期間の末日の翌日から起算して2か月以内に上記1の書類を管轄の各都道府県労働局に 提出してください。 事業実施期間中に実施し、経費の支払が完了した中小企業労働環境向上事業に関する経費が助成 対象となります。 【令和4年度の主な変更点 ※】 ・事業実施期間の延長を廃止(事業実施期間は1年間) ・事業実施期間の前期・後期を廃止 (支給申請書の提出は、事業実施期間の末日の翌日から起算して2カ月以内に提出) 人材確保等支援助成金の概要 主な受...

「人材確保等支援助成金(中小企業団体助成コース)」を読む

業務改善助成金(~2023/1)

令和4年度の業務改善助成金の、申請受付が開始されました。 業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者の生産性向上のための取組を支援するために助成されるもので、厚生労働省の管轄で行われています。 令和4年度の申請締め切り 2023年(令和5年)1月31日 ただし、この助成金は予算の範囲内で交付されるため、申請期間内に募集を終了する場合があります。 早めに検討し、相談等をした方がよいでしょう。 業務改善助成金の概要 業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引上げを図るための制度です。 従業員の福利向上という側面があるために、厚生労働省管轄となっているわけですが、後述するように資金の用途は広く、設備投資や人材育成などに充当することも可能です。 設備投資等(機械設備、コンサルティング導入や人材育成・教育訓練)を行い、生産性向上を図るこ...

「業務改善助成金(~2023/1)」を読む

事業再構築補助金の概要【第6回応募締切は2022/6/30、第7回は未定】

第6回公募の申請受付を開始いたしました。 申請期間は6/8(水)18:00~6/30(木)18:00です。 第6回公募以降では、事業類型や要件が大幅に変更になります。 事業再構築補助金とは 事業再構築補助金(中小企業等事業再構築促進事業)は、アフターコロナの時代の経済社会の変化に対応するため、当面の需要や売り上げの回復が期待しづらい中、中小企業等(個人事業者を含む)の事業再構築を支援することで、日本経済の構造転換を促すことを目的とします。 厳しい状況にある中小企業、中堅企業、個人事業主、企業組合等を対象とします。申請後、審査委員が審査の上、予算の範囲内で採択します。 新分野展開、事業転換、業種転換、業態転換、事業再編という思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援します。 事業再構築補助金 経済産業省 事業再構築補助金ウェブサイト 中小企業庁 おもな申請要件 売上が減っている...

「事業再構築補助金の概要【第6回応募締切は2022/6/30、第7回は未定】」を読む

住宅確保給付金

休業等に伴う収入の減少により、住居を失うおそれが生じている方は、ぜひ、住宅確保給付金の申請を検討しましょう。 非正規社員や、仕事が激減したフリーランスの方でも、支給の対象となっています。 住宅確保給付金は、原則3か月、最大9か月の間、家賃相当額を自治体から家主さんに支給するものです。 お金を借りるわけではありませんので、返済の必要はありません。 申請・支給が簡単に 従来、住宅確保給付金の申請に必要だった、ハローワークへの求職申込みが不要になりました。 また、対象者も2020年4月20日以降、離職・廃業から2年以内または休業等により収入が減少し、住居を失うおそれがある方にまで拡大されました。 Q&A 休業等により収入が減少し、住居を失うおそれがある場合とは? 本人の責めによらない理由により、勤務日数や勤務時間が減少したり、就労の機会が大幅に減少した結果、経済的に困窮しているケースです。 例:...

「住宅確保給付金」を読む

生活・事業支援策まとめ(2021年2月現在)

個人向け 緊急小口資金(生活費) 各都道府県社会福祉協議会では、新型コロナ感染症の影響による休業や失業等により生活資金でお悩みの方々へ特例貸付を実施しています。 (2021年3月末まで申込受付) 緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に、少額の費用の貸付を行います。 当初は3か月間の支給(貸付)でしたが、期間の延長が決定しています。 また、返済時においてなお生活困窮の場合の猶予があります。 対象者: 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯 ※新型コロナウイルスの影響で収入の減少があれば、休業状態になくても対象となります。 貸付額(1か月あたり): 学校等の休業、個人事業主等の特例の場合、20万円以内 その他の場合、10万円以内 総合支援資金(生活費) 生活再建までの間に必要な生活費用の貸付を行います。 ...

「生活・事業支援策まとめ(2021年2月現在)」を読む

失業などで生活資金にお困りの方へ-総合支援資金を利用しましょう

新型コロナウイルス感染症の影響による休業・離職等でお困りの方に。 無利子無担保で借りられる、特例貸付があります。 世帯ごとの申し込みによる貸し付けとなっていますが、一人暮らし世帯などでも借りられます。 返済は2年先まで延ばせます。 また、返済期限になっても生活再建ができていない場合には、返済の免除ができるというアナウンスもされています。 借金はしたくないという人も、新型コロナウイルス感染症による今回の非常時には、手元に現金がないと不安です。ぜひ検討されることをおすすめいたします。 特例貸付の種類 緊急小口資金【特例貸付】 対象者を収入の減少があり一時的に資金が必要という、誰でも借りられる資金です。 総合支援資金【特例貸付】 おもに収入の減少や失業等により生計維持が困難となった対象者が借りられる資金です。 どちらも、居住地の区市町村社会福祉協議会に申し込みをするものです。 パンフレット [P...

「失業などで生活資金にお困りの方へ-総合支援資金を利用しましょう」を読む

生活資金にお困りの方へ-緊急小口資金を利用しましょう

新型コロナウイルス感染症の影響による収入減少でお困りの方に。 無利子無担保で借りられる、特例貸付があります。 世帯ごとの申し込みによる貸し付けとなっていますが、一人暮らし世帯などでも借りられます。 返済は2年先まで延ばせます。 また、返済期限になっても生活再建ができていない場合には、返済の免除ができるというアナウンスもされています。 借金はしたくないという人も、新型コロナウイルス感染症による今回の非常時には、手元に現金がないと不安です。ぜひ検討されることをおすすめいたします。 特例貸付の種類 緊急小口資金【特例貸付】 対象者を収入の減少があり一時的に資金が必要という、誰でも借りられる資金です。 総合支援資金【特例貸付】 おもに収入の減少や失業等により生計維持が困難となった対象者が借りられる資金です。 どちらも、居住地の区市町村社会福祉協議会に申し込みをするものです。 パンフレット [PDF...

「生活資金にお困りの方へ-緊急小口資金を利用しましょう」を読む


ilc.gr.jp

Copyright ilc.gr.jp All Rights Reserved