ilc.gr.jp > archives > 金利計算における端数計算について

金利計算における端数計算について-ilc.gr.jp

金利計算における端数計算について


裁判所資料

利息・損害金の計算について
岡山地方裁判所

「利息,損害金が年利の場合の,その確定額の計算については,当庁においては,次のように取り扱っています(計算例は,元本10万円,損害金*1年1割8分,期間の末日が債権執行申立日の場合です。円未満の端数は切り捨てです。)。

なお,不動産の差押えについては,弁済が途中でなされるなどして,確定損害金が発生している場合を除き,起算日から完済までの請求として,これらの計算をする必要はありません。」


関連ページ:

archives

ilc.gr.jp

Copyright ilc.gr.jp All Rights Reserved